社会に強く働きかける女性たち

女性として「仕事がしたい」という強い意志を持ち、どんどん社会進出をしていこうという気持ちを加速させていく人は今現在大勢いることだろう。安定した仕事にありつけさえすれば、思い通りの社会生活ができるという期待感を持っているのが窺える。ともすれば女性の仕事によって社会との接点を強固にしようとする考えを抱いても不思議ではない。女性にしかできない仕事こそが社会に通じる扉だと考えている女性は少なからずおり、その扉を開けるのは他ならぬその鍵を開けようとする自分自身なのだ。扉を開ける鍵を携えて前進していこうとする気持ちを持っている限り、女性としての真価を引き出していこうとする向上心には終わりがない。

女性の仕事が社会に未曾有の変革をもたらすはずだと信じている人は少なくない。その仕事に参加する女性が増えることで、社会を作り直していこうとする目標意識に加速度をつけていき、社会が一段と色鮮やかなものになっていくのではないだろうか。女性の仕事が社会のためにあることを証明させていくために、その仕事に身を入れていく女性はどんどん増えており、女性の仕事を通して日本社会の真骨頂を引き出していこうとする狙いがあることを感じさせる。自分こそが社会に働きかける優秀な人材だと信じている女性は、今以上に世界に通用するくらいの日本社会にしていこうとする高い目標意識を掲げていることが考えられる。これから日本社会を左右するのは、女性の力次第といっても過言ではない。「社会に貢献したい」という真摯な女性の思いを、社会は見過ごさないでいただきたい。